【危ない?】cbdに危険性はあるのか。使用する際の注意点も。

 

みなさんこんにちは。

 

Katsuです。

 

 

cbdを使用してみたいなと考えているのですが、cbdに危険性はあるのか知りたいです。

cbdと検索すると『危険性』というワードが出てくるので、確かにcbdを使用する前に危険性があるのか知りたいですよね。
今回は、cbdに危険性はあるのかについて解説していきます。
この記事を読むとわかること
  • cbdとは
  • cbdに危険性はあるのか
  • cbdを使用する際の注意点
  • おすすめのcbd商品
以上の3点がわかります。
では、本題にいきましょう。

【危険性を知る前に】そもそもcbdとは?

 

そもそもみなさんはcbd(カンナビジオール)を知っていますか?

 

知らないです!
cbd(カンナビジオール)とは麻から抽出される有効成分の一つになります。
*注意:日本では麻の種や茎から抽出された成分のみ合法です。
CBDオイルやヘンプオイルは食品として分類されています。
日本の大麻取締法では麻の葉、花、根の利用は禁止されていますが、種子及び茎は規制から除外されています。
*引用:http://www.cbd-kokoro.co.jp/cbd.html

 

 

cbdの体への作用

 

次に、このcbd(カンナビジオール)がどのように体に作用するのかについてです。

 

人間の体には、エンド・カンナビノイド・システム(ECS)と言う

身体のバランスを保ち、健康的に過ごすため機能があります。

 

本来、このシステムが正常に機能すると

外部から肉体的・精神的なストレスを受けたときに体内のバランスを戻し、
健康状態を調節することで、病気や老化を防ぐ

 

 

信号を適切に伝達させます。

 

しかし、現代人はこの機能がかなり弱っているため、様々な疾患を起こしていると言われています。

 

エンド・カンナビノイド・システムの弱まりにより、起こる身体の不調は以下の通りです。

 

  • 頭痛
  • 不眠
  • 炎症
  • 疲労
  • 吐き気
  • 発作

etc...

 

です。
これはほんの一部で、この他にも身体の不調を起こすのではないかと言われています。
cbdにはこのシステムを補い、整える作用があるとされています。

身体の不調を整えるのに重要な役割を果たしているんですね。

cbdは合法なのか、違法なのか

最初に軽く説明しましたが、cbdは合法なのか違法なのか改めて解説していきます。
現在、日本で合法になる条件は以下の通りです。
合法の条件
・麻薬の成分であるTHCを含まない
・CBD成分の抽出元が、麻(ヘンプ)の茎と種子
・医薬品ではなく、健康食品
これ以外のものは違法とされています。
(例:葉、花穂、枝、根等から抽出されたcbdなど

cbdに依存性はあるのか

 

麻の成分と聞くと、依存性があるのではないかと思う方もいらっしゃると思います。

 

確かに、麻=依存のイメージが強いです。
結論から言うと、cbdに依存性はありません。
これは、臨床実験により証明されています。
さらに、WHOの事前報告書にも
cbdに依存性がないとの報告があります。

実際にcbdを摂取していますが、依存性を感じたことは一度もありません。

 

【危ない?!】cbdには危険性がある?

次に、本題であるcbdに危険性があるのかについてです。

少し危なそうなイメージ、、、、
そう思うのも無理はないと思います。

なぜcbdは危険性がある?と言われることがあるのか

 

なぜなら、最初の項目でも紹介した通り、cbdは大麻由来の成分だからです。

日本人は『大麻』というワードにとてつもない嫌悪感を抱いています。そのため、大麻由来であるcbdはその効果を知る前に、危険性があるのではないかと言われるのです。

 

そもそも、なぜ日本人はこれほどまでに『大麻』に対して嫌悪感があるのか疑問に思い、日本での『大麻』の歴史を調べてみました。

 

全てお話するとかなり長くなりそうなので、わかりやすく短めに解説します。

 

 

めちゃめちゃ簡単にお願いします。
日本では、戦前大麻の使用は違法ではありませんでした。戦争に敗れた日本はアメリカのGHQにより様々な法律を作られることになります。その中の一つに『大麻取締法』があります。大麻は他の植物に比べ、栽培しやすいので日本でも戦前では各地の農家が育てていたようですが、この『大麻取締法』により産業用のみ栽培可能になり、さらに許可制になったようです。
この戦後にできた法律が、今の日本に根強く残っているわけです。

でも、近年アメリカの州が医療用・嗜好用大麻を合法にしてきていますよね。
そうなんです。『大麻取締法』を作ったアメリカが近年、州ごとに大麻を合法にしてきています。

本やネットで数々の情報を入れたのですが、おかしな話だなと個人的には思います。
話は戻りますが、アメリカが大麻を合法にしてきていることにより、日本での『大麻』に対する偏見も少しは薄まるのではないかと勝手に思っています。
なので、cbdは危険性があると言われることも今後は少なくなるのではないでしょうか?

実際に、cbdは危険性があるの?

結論からいうと、cbdに危険性は今のところほとんどないと言われています。
cbdに危険性がない大きな理由として以下の2点を挙げます。
  1. WHOの報告書
  2. 世界アンチ・ドーピング機構の報告書

 

まずは、WHOの報告書についてです。

 

  • CBDの毒性は比較的低く、良好・安全なプロフィールを持ち、一般的に良好な忍容性がある
  • 違法薬物のような依存性、乱用の可能性はない

カンナビジオール(CBD)事前審査報告書

 

次に、世界アンチ・ドーピング機構の報告書です。

 

CBDのみを使用禁止リストから除外する。

世界アンチ・ドーピング機構

 

 

以上2点から、cbdの危険性はほぼないのではないかと考えられます。

 

ただ、cbdを使用する上で気をつける点が何点かあります。

 

【危険性】cbdを使用する際の注意点

いくらcbdに危険性がないとはいえ、cbdを使用する際に注意するべき点はいくつかあります。

 

それは、

  • 副作用
  • アレルギー反応
  • 健康被害

の3点です。

 

主な副作用は強すぎる眠気、下痢、食欲不振です。これは摂取量が多すぎた場合に起こるのではないかと個人的に思います。

(*過剰摂取量はかなり個人差があります。)

»【健康被害?】CBDの過剰摂取が体によくないって本当?

 

あと、薬との併用は避けた方がいいと思います。
というのも、cbdに関する研究はまだまだ進行途中です。そのため、しっかりした研究結果が出てから薬の併用はするべきだと思います。

初心者おすすめのcbd商品

 

最後に、初心者におすすめのcbd商品の紹介です。

 

個人的ナンバーワンおすすめcbdオイル

CHILLAXYのcbdオイルが個人的に一番オススメです。
おすすめする理由・使ってみた感想
口に含んだ時に真っ先に感じたことは、オイル独特の匂いが少なく、他社cbd製品に比べスッキリした口当たりだなということです。個人的に、cbdオイルの匂いが苦手なためcbdリキッドやcbdグミでよくcbdを摂取することがあったのですが、このcbdオイルならその問題もないかなと感じました。デザインもおしゃれで、友人にcbdオイルを勧める際には間違いなくこれをオススメするなと感じました。
オイル独特の匂いが少なく、摂取しやすいのが特にオススメポイントです。
公式サイトは↓

コスパで選ぶならこのcbdオイル

 

コスパで選ぶ・cbdオイル初心者はhemptouchのcbdオイルがオススメです。

 

『hemptouch(ヘンプタッチ)』おすすめの理由
  • 他のcbdオイルに比べ、かなり安いから。
  • 様々な雑誌に掲載されているので信頼できるから。
  • 世界中で賞を受賞しているから。

 

公式サイトから簡単に購入することができます。

公式サイトは↓

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は、cbdの危険性やcbdを使用する際の注意点について解説しました。

 

CBDに少し抵抗のある方はCBDは含まれていませんがヘンプシード(麻の種)が含まれているリラクゼーションドリンクCHILL OUT(チルアウト)から試してみてはいかがでしょうか?
最後まで読んでいただきありがとうございました。
次の記事もお楽しみに!

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事