【健康被害?】CBDの過剰摂取が体によくないって本当?

 

みなさんこんにちは。

 

Katsuです。

 

 

CBDの過剰摂取は体によく無いと言う記事を見たのですが、本当ですか?

確かに、CBDの過剰摂取はあまりよく無いです。
今回は、過剰摂取することにより、どのような健康被害があるのかについて解説していきます。
この記事を読むとわかること
  • そもそもCBDとは何か?
  • CBDの過剰摂取により起こる健康被害
  • CBDの過剰摂取をしないためにするべきこと
  • CBDオイルのお勧め摂取量

以上の3点がわかります。

 

では、本題にいきましょう。

 

そもそもCBDって何?

そもそもみなさんはcbd(カンナビジオール)を知っていますか?

 

知らないです!
cbd(カンナビジオール)とは麻から抽出される有効成分の一つになります。
*注意:日本では麻の種や茎から抽出された成分のみ合法です。
CBDオイルやヘンプオイルは食品として分類されています。
日本の大麻取締法では麻の葉、花、根の利用は禁止されていますが、種子及び茎は規制から除外されています。
*引用:http://www.cbd-kokoro.co.jp/cbd.html

 

 

cbdの体への作用

 

次に、このcbd(カンナビジオール)がどのように体に作用するのかについてです。

 

人間の体には、エンド・カンナビノイド・システム(ECS)と言う

身体のバランスを保ち、健康的に過ごすため機能があります。

 

本来、このシステムが正常に機能すると、

外部から肉体的・精神的なストレスを受けたときに体内のバランスを戻し、
健康状態を調節することで、病気や老化を防ぐ

 

 

信号を適切に伝達させます。

 

しかし、現代人はこの機能がかなり弱っているため、様々な疾患を起こしていると言われています。

 

エンド・カンナビノイド・システムの弱まりにより、起こる身体の不調は以下の通りです。

 

  • 頭痛
  • 疲労
  • 吐き気
  • 発作

etc...

 

です。
これはほんの一部で、この他にも身体の不調を起こすのではないかと言われています。
cbdにはこのシステムを補い、整える作用があるとされています。

身体の不調を整えるのに重要な役割を果たしているんですね。

cbdは合法なのか、違法なのか

最初に軽く説明しましたが、cbdは合法なのか違法なのか改めて解説していきます。
現在、日本で合法になる条件は以下の通りです。
合法の条件
・麻薬の成分であるTHCを含まない
・CBD成分の抽出元が、麻(ヘンプ)の茎と種子
・医薬品ではなく、健康食品
これ以外のものは違法とされています。
(例:葉、花穂、枝、根等から抽出されたcbdなど

cbdに依存性はあるのか

 

麻の成分と聞くと、依存性があるのではないかと思う方もいらっしゃると思います。

 

確かに、麻=依存のイメージが強いです。
結論から言うと、cbdに依存性はありません。
これは、臨床実験により証明されています。
さらに、WHOの事前報告書にも
cbdに依存性がないとの報告があります。

実際にcbdを摂取していますが、依存しているなと感じたことは一度もありません。

 

では、次に本題の『CBDの過剰摂取は体によく無いのか』について詳しく解説していきます。

【解説】CBDの過剰摂取は体によくないのか?

結論から言います。
CBDを過剰摂取することで健康被害にあうことはありません。
ただ、体調が悪くなる場合があります。
CBDには体内に元からあるエンドカンナビノイドシステムという、
体の不調を直す手助けをする機能を活性化させる作用があります。
過剰摂取することで、この機能の働きがよくなりすぎるため不調を起こす場合があります。
CBDの過剰摂取で起こりうること
  • 頭痛
  • 異常な眠気
  • 下痢
  • 吐き気

 

 

以上が、CBDの過剰摂取で起こりうるとされていることです。

 

体にいいとされているものも、過剰に摂取するとダメなように、
CBDも過剰に摂取しすぎると体によく無いようです。

確かに、ヤクルトも飲みすぎるとお腹痛くなりますもんね。

 

*ただ、今回紹介した体の不調はあくまで体験談のみの話なので、ちゃんとした研究結果はまだ出ていません。

CBDを過剰摂取しないためにするべきことは?

CBDは1日の目安とされている使用量が決まっているものもあります。
いくら、健康・美容に効果があると言えど過剰摂取はあまりお勧めしません。
この章では、CBDを過剰摂取しないために気をつけることをまとめました。

1日に摂取するCBDの量を決める

 

CBDオイルなどを使用する際に、1日に摂取する量を事前に決めてしまうことをお勧めします。

 

なお、CBDオイルの摂取量目安は以下の通りです。

 

【CBDオイル】

使用開始から

  • 1週目:朝昼晩、共に1適ずつ
  • 2週目:朝昼晩、共に2適ずつ
  • 3週目:朝昼晩、共に3適ずつ

慣れてきたら、使用量を増やすイメージです。



CBDの濃度を確認してから吸引する

 

CBD商品の中には濃度が濃いものと薄いものがあります。

 

初心者にはまず、CBD濃度が薄いものを使用することをお勧めします。

 

 

おすすめブランドはこちらです。
【CBD濃度が薄い商品を取り扱っているブランド】
【CBD濃度が濃い商品を取り扱っているブランド】

【CBDの過剰摂取は体によく無いのか】まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は、CBDの過剰摂取は体によく無いのかについて解説しました。

 

ある文献では、1日に1,500mgまでの摂取なら問題ないと書いてありますが、これは一般的なcbdオイル約二本分に相当します。

 

流石に、この量を1日で摂取する方はいないと思うのですが、

個人的におすすめの摂取量は

 

1日に約70mgです。

 

*イギリスの研究者が発表していました。

 

参考にしてみてください!

 

CBDに少し抵抗のある方はCBDは含まれていませんがヘンプシード(麻の種)が含まれているリラクゼーションドリンクCHILL OUT(チルアウト)から試してみてはいかがでしょうか?
最後まで読んでいただきありがとうございました。
次の記事もお楽しみに!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事