【驚き】CBDは違法?日本で違法と合法の大麻の違いは?

 

皆さんこんにちは。

 

Katsuです。

 

 

Googleの検索で「CBD」と検索すると、「違法」と出てくるのですがCBDは日本で違法なんですか?

結論から言うと、CBDは日本で違法ではありません。
と言うわけで今回は
CBDは日本で違法なのか、日本で違法と合法の大麻の違いについて詳しく解説していきます。
この記事を読むとわかること
  • CBDは違法なのか
  • 日本で合法と違法の大麻の違い
  • CBDの詳細
以上の3点がわかります。
では、本題にいきましょう。

【CBDが違法なのか知る前に】そもそもCBDとは?

そもそもみなさんはcbd(カンナビジオール)を知っていますか?

 

知らないです!
cbd(カンナビジオール)とは麻から抽出される有効成分の一つになります。
*注意:日本では麻の種や茎から抽出された成分のみ合法です。
CBDオイルやヘンプオイルは食品として分類されています。
日本の大麻取締法では麻の葉、花、根の利用は禁止されていますが、種子及び茎は規制から除外されています。
*引用:http://www.cbd-kokoro.co.jp/cbd.html

 

 

cbdの体への作用

 

次に、このcbd(カンナビジオール)がどのように体に作用するのかについてです。

 

人間の体には、エンド・カンナビノイド・システム(ECS)と言う

身体のバランスを保ち、健康的に過ごすため機能があります。

 

本来、このシステムが正常に機能すると、

外部から肉体的・精神的なストレスを受けたときに体内のバランスを戻し、
健康状態を調節することで、病気や老化を防ぐ

 

 

信号を適切に伝達させます。

 

しかし、現代人はこの機能がかなり弱っているため、様々な疾患を起こしていると言われています。

 

エンド・カンナビノイド・システムの弱まりにより、起こる身体の不調は以下の通りです。

 

  • 頭痛
  • 疲労
  • 吐き気
  • 発作

etc...

 

です。
これはほんの一部で、この他にも身体の不調を起こすのではないかと言われています。
cbdにはこのシステムを補い、整える作用があるとされています。

身体の不調を整えるのに重要な役割を果たしているんですね。

cbdに依存性はあるのか

 

麻の成分と聞くと、依存性があるのではないかと思う方もいらっしゃると思います。

 

確かに、麻=依存のイメージが強いです。
結論から言うと、cbdに依存性はありません。
これは、臨床実験により証明されています。
さらに、WHOの事前報告書にも
cbdに依存性がないとの報告があります。

実際にcbdを摂取していますが、依存しているなと感じたことは一度もありません。

 

【解説】CBDは日本でなぜ違法ではないのか?

 

次は本題の

なぜCBDは日本で違法ではないのかについてです。

 

まず、日本で違法とされている行為をまとめていきます。

 

<大麻取締法 第一条>
この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。

 

とあります。

 

気になる方はこちらもチェック。

»【速報】東海大学の学生二人が乾燥大麻所持により逮捕。大麻に関する詳しい法律を徹底解説。

 

なので、日本で違法とされているのは

 

成熟した茎や種子以外の花や葉・根の部分

 

となります。

 

大麻全てが違法ではないということですね。
なお、海外では医療目的の場合は大麻使用可能の国もありますが、日本では違法とされています。
つまり、
使用目的で決まるのではなく、
『どの部分を使用したのか』
が判断基準になってくるということになります。
憲法にも詳しく書いてあります。
<大麻取締法 第四条>
何人も次に掲げる行為をしてはならない。
一 大麻を輸入し、又は輸出すること(大麻研究者が、厚生労働大臣の許可を受けて、大麻を輸入し、又は輸出する場合を除く。)。
二 大麻から製造された医薬品を施用し、又は施用のため交付すること。
三 大麻から製造された医薬品の施用を受けること。
四 医事若しくは薬事又は自然科学に関する記事を掲載する医薬関係者等(医薬関係者又は自然科学に関する研究に従事する者をいう。以下この号において同じ。)向けの新聞又は雑誌により行う場合その他主として医薬関係者等を対象として行う場合のほか、大麻に関する広告を行うこと。

結論、CBDは違法ではないのですか?

そうなります。
ただ、成熟した茎・種子から抽出されたCBDは合法ですが、花・葉・根から抽出されたCBDは違法になります。
次の項目では、日本で安全にCBDを購入できるサイトを紹介していきます。

【安全】CBDを安心して購入できるサイト3選

 

では、最後にCBDを安心して購入できるサイトを3つ紹介します。

 

CBDオイルおすすめサイト①

 

『hemptouch(ヘンプタッチ)』おすすめの理由
  • 他のcbdオイルに比べ、かなり安いから。
  • 様々な雑誌に掲載されているので信頼できるから。
  • 世界中で賞を受賞しているから。

 

 

CBDオイルおすすめサイト②

 

『CHILLAXY(チラクシー)』おすすめの理由
  • オイル独特の味がしないため、摂取しやすいから。
  • デザインがオシャレなので、持ち運ぶのも問題ないから。
  • 味が3種類あり、選ぶことができるから。

 

CBDオイルおすすめサイト③

『Greeus (グリース)』おすすめの理由
  • ブロードスペクトラムなので、アントラージュ効果が見込めるから。
  • スポイトがメモリ付だから。
  • cbdオイルには珍しい、無味無臭だから。

 

CBDは違法なのか?まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回は、CBDは日本で違法なのか、日本で違法と合法の大麻の違いについて解説しました。

 

 

CBDは日本で違法なのか、日本で違法と合法の大麻の違いについてよくわかりました。

そう言ってもらえると幸いです!
CBDに少し抵抗のある方はCBDは含まれていませんがヘンプシード(麻の種)が含まれているリラクゼーションドリンクCHILL OUT(チルアウト)から試してみてはいかがでしょうか?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
次の記事もお楽しみに!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事