【真実】CBDの摂取でブリブリになることはあるのか?真相を徹底解説。

 

みなさんこんにちは。

 

Katsuです。

 

CBDの摂取でブリブリになるらしいと知人から聞いたのですが、本当ですか?

結論から言うと、ブリブリになることはありません。
今回は、CBDの摂取でなぜブリブリにならないのかについての解説を徹底的にしていきます。
この記事を読むとわかること
  • そもそもCBDとは何か
  • CBDはなぜブリブリにならないのか
  • おすすめのCBD製品一覧

 

 

以上の3点がわかります。

 

では、本題にいきましょう!

 

【ブリブリになるのかを知る前に】CBDとは何か?

 

そもそもみなさんはcbd(カンナビジオール)を知っていますか?

 

知らないです!
cbd(カンナビジオール)とは麻から抽出される有効成分の一つになります。
*注意:日本では麻の種や茎から抽出された成分のみ合法です。
CBDオイルやヘンプオイルは食品として分類されています。
日本の大麻取締法では麻の葉、花、根の利用は禁止されていますが、種子及び茎は規制から除外されています。
*引用:http://www.cbd-kokoro.co.jp/cbd.html

 

 

cbdの体への作用

 

次に、このcbd(カンナビジオール)がどのように体に作用するのかについてです。

 

人間の体には、エンド・カンナビノイド・システム(ECS)と言う

身体のバランスを保ち、健康的に過ごすため機能があります。

 

本来、このシステムが正常に機能すると、

外部から肉体的・精神的なストレスを受けたときに体内のバランスを戻し、
健康状態を調節することで、病気や老化を防ぐ

 

 

信号を適切に伝達させます。

 

しかし、現代人はこの機能がかなり弱っているため、様々な疾患を起こしていると言われています。

 

エンド・カンナビノイド・システムの弱まりにより、起こる身体の不調は以下の通りです。

 

  • 頭痛
  • 疲労
  • 吐き気
  • 発作

etc...

 

です。
これはほんの一部で、この他にも身体の不調を起こすのではないかと言われています。
cbdにはこのシステムを補い、整える作用があるとされています。

身体の不調を整えるのに重要な役割を果たしているんですね。

cbdは合法なのか、違法なのか

最初に軽く説明しましたが、cbdは合法なのか違法なのか改めて解説していきます。
現在、日本で合法になる条件は以下の通りです。
合法の条件
・麻薬の成分であるTHCを含まない
・CBD成分の抽出元が、麻(ヘンプ)の茎と種子
・医薬品ではなく、健康食品
これ以外のものは違法とされています。
(例:葉、花穂、枝、根等から抽出されたcbdなど

cbdに依存性はあるのか

 

麻の成分と聞くと、依存性があるのではないかと思う方もいらっしゃると思います。

 

確かに、麻=依存のイメージが強いです。
結論から言うと、cbdに依存性はありません。
これは、臨床実験により証明されています。
さらに、WHOの事前報告書にも
cbdに依存性がないとの報告があります。

実際にcbdを摂取していますが、依存しているなと感じたことは一度もありません。

 

【徹底解説】CBDの使用でブリブリになるのか?

最初の会話でも言いましたが、結論から言うと
CBDでブリブリになることはありません。
では、なぜCBDの使用でブリブリになることはないのか
徹底的に解説していきます。

【解説】CBDはなぜブリブリにならない?

 

CBDの使用でブリブリになることは絶対にありません。

 

なぜブリブリにならないのですか?
その理由は、最初の項でも解説しましたがCBDには
いわゆる『ハイ』や『ブリブリ』になるといった効果効能はありません。
『ハイ』や『ブリブリ』になると言われているのはTHCの作用によるものです。
このTHCは日本で使用することができません。
*厳密には日本人が海外で使用することもできません。
なので、そもそもCBD自体に『ブリブリ』になる成分が含まれていないので
CBDの使用でブリブリになることは絶対にありません。

では、なぜCBDの使用でブリブリになると言われることがあるのか。

 

CBDは麻から取れる成分の一種類になります。

 

麻=大麻(マリファナ)の認識を持っている方がほとんどだと思います。

なので、麻から取れる成分=大麻と言う認識になり

 

CBDの使用はブリブリになると言われる原因になっているのではないかと思います。

 

麻から取れる成分なので、危険と思われがちですが正しい知識をつければ、
CBD=危険と言った認識も少しは薄まるのかも知れませんね。

間違い無いです。
このブログでも正しい知識を発信していきますが、自分自身でCBDの知識をより付けたい方は下記の本がお勧めです。

【ブリブリにならない】お勧めのCBD製品紹介。

最後に、お勧めのCBD製品の紹介です。

»こちらの記事

 

でお勧めのCBDワックスやおすすめのCBDリキッドなどを一覧で紹介していますが、今回はその中でも個人的におすすめのCBD製品を紹介します。

 

高品質の国産CBDブランド【CANNERGY(カナジー)】

 

CANNERGY(カナジー)をお勧めする理由は、なんと言っても日本工場で生産しているため、高品質で安全と言うところです。

 

また、CBDリキッドの味の種類が豊富なのもお勧めポイントの一つです。

 

プロテインやサプリも取り揃える【Greeus】

 

GreeusはCBDプロテインやCBDサプリなどの、他社とは違ったCBD製品を取り揃えています。CBDオイルの独特な匂いが苦手な方に、サプリメントはかなりお勧めです。

 

高濃度で低価格のCBD製品多数有り【GREEN BULLDOG】

 

GREEN BULLDOGは高濃度で低価格のCBD製品を多数取り揃えています。さらに、CBDリキッドの味の種類も豊富です。

 

ただ、高濃度なので上級者におすすめのブランドです。

 

 

 

【CBDはブリブリになるのか】まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は、CBDの使用でブリブリになることはあるのかについて解説しました。

 

CBDに少し抵抗のある方はCBDは含まれていませんがヘンプシード(麻の種)が含まれているリラクゼーションドリンクCHILL OUT(チルアウト)から試してみてはいかがでしょうか?
最後まで読んでいただきありがとうございました。
次の記事もお楽しみに!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事