【徹底解説】CBDワックスはキマる?CBDリキッドとの違いも解説。

CBDワックスってなんですか?
検索したら、CBDワックスはキマるって出てきたんですけど本当ですか?
『cbd ワックス』と調べると確かに、「キマる」と書かれた記事をよく見かけます。

結論から言うと、CBDワックスではキマることありません!
CBDでキマるは間違いです。
というわけで、今回はCBDワックスの使い方やCBDワックスはキマるのか、CBDワックスとCBDリキッドとの違いについて解説していきます。
この記事を読むとわかること
  • CBDワックスの使い方など
  • CBDワックスとCBDリキッドとの違い
  • CBDワックスはキマるのか

以上の3点がわかります。他のCBD製品と比べたCBDワックスのメリットやデメリットもわかります。

では、本題にいきましょう。

【CBDワックスを知る前に】そもそもCBDとは?

そもそもみなさんはcbd(カンナビジオール)を知っていますか?

知らないです!
cbd(カンナビジオール)とは麻から抽出される有効成分の一つになります。
*注意:日本では麻の種や茎から抽出された成分のみ合法です。
CBDオイルやヘンプオイルは食品として分類されています。
日本の大麻取締法では麻の葉、花、根の利用は禁止されていますが、種子及び茎は規制から除外されています。
*引用:http://www.cbd-kokoro.co.jp/cbd.html

cbdの体への作用

次に、このcbd(カンナビジオール)がどのように体に作用するのかについてです。

 

人間の体には、エンド・カンナビノイド・システム(ECS)と言う身体のバランスを保ち、健康的に過ごすため機能があります。

 

本来、このシステムが正常に機能すると、

外部から肉体的・精神的なストレスを受けたときに体内のバランスを戻し、
健康状態を調節することで、病気や老化を防ぐ

信号を適切に伝達させます。しかし、現代人はこの機能がかなり弱っているため、様々な疾患を起こしていると言われています。

 

エンド・カンナビノイド・システムの弱まりにより、起こる身体の不調は以下の通りです。

  • 頭痛
  • 疲労
  • 吐き気
  • 発作

etc...

です。
これはほんの一部で、この他にも身体の不調を起こすのではないかと言われています。
cbdにはこのシステムを補い、整える作用があるとされています。

身体の不調を整えるのに重要な役割を果たしているんですね。

cbdは合法なのか、違法なのか

最初に軽く説明しましたが、cbdは合法なのか違法なのか改めて解説していきます。
現在、日本で合法になる条件は以下の通りです。
合法の条件
・麻薬の成分であるTHCを含まない
・CBD成分の抽出元が、麻(ヘンプ)の茎と種子
・医薬品ではなく、健康食品
これ以外のものは違法とされています。
(例:葉、花穂、枝、根等から抽出されたcbdなど

cbdに依存性はあるのか

麻の成分と聞くと、依存性があるのではないかと思う方もいらっしゃると思います。

確かに、麻=依存のイメージが強いです。
結論から言うと、cbdに依存性はありません。これは、臨床実験により証明されています。
さらに、WHOの事前報告書にもcbdに依存性がないとの報告があります。

実際にcbdを摂取していますが、依存しているなと感じたことは一度もありません。

【解説】CBDワックスとは?

次にCBDワックスの使い方やCBDワックスはキマるのか、

CBDワックスとCBDリキッドとの違いについてです。
CBDワックスとは大麻草に含まれる約100種類以上の有効成分の一つであるCBD(カンナビジオール)を中心に抽出したCBD濃度が非常に高いワックスになります。
専用のデバイスに入れて使用します。
(VAPEのアトマイザーでも使用できます。↓)

CBDの効果一覧の記事にも書いたように不眠症や皮膚疾患、ストレスや依存症に効果があるとされています。

CBDワックスの使い方




まずはCBDワックスの使い方についてです。

CBDワックスの使い方(専用デバイス)
こちらのサイトより、CBDワックスとCBDワックス専用デバイスを揃える。
CBDワックス専用デバイスのスイッチを素早く5回押し、CBDワックスを専用デバイスの細くなっている方に塗る。
太い方から、気化されたCBDワックスを吸い込む。
(肺に溜め込むイメージです。)
より詳しくは、上記のサイト内に載っています。
以上が、CBDワックス専用デバイスを使用したCBDワックスの吸引方法です。
VAPEでもCBDワックスを摂取することは可能なのですが、使い方が難しいのでまた別の記事で詳しく説明します。

CBDワックスは取り扱っているストアがなかなかないので、上記のサイトはかなりおすすめです。
以上がCBDワックスの使用方法になります。

CBDワックスのメリット

CBDワックスのメリットは他のCBD製品と比べると高濃度だと言う点です。

CBDの濃度が濃いため、少ない量でかなり満足感があるのも特徴です。

CBDワックスのデメリット

高濃度が故に初心者には少しキツく感じるのではないかと思います。

初心者の方にはCBDオイルやCBDリキッド、CBDグミがおすすめです。

»【徹底解説】CBDオイルとは?メリット・デメリット・使用方法。おすすめは何滴?

»【徹底解説】CBDリキッドの使い方は?高濃度でおすすめの商品も紹介。

CBDワックスはキマるのか?

次に、CBDワックスはキマるのか?についてです。
結論から言います。

CBDワックスではキマりません。
(日本で流通しているCBD製品でキマることはありません。)
世に言う『キマる』とされているのは、大麻草に含まれる「THC」と言う成分によるものです。
こちらの記事で、詳しく解説しているのですが、「THC」は日本で違法とされています。
日本で流通しているCBDには「THC」は含まれていません。
なので、
CBDワックスでキマることはありません。

CBDワックスとCBDリキッドの違いは?

次に、CBDワックスとCBDリキッドの違いについてです。

 

CBDワックスとCBDリキッドの違いをあげるとすれば、なんと言ってもCBDの濃度です。CBDワックスの方が、CBDリキッドに比べ圧倒的に濃いです。

CBD初心者は、CBDリキッド
CBD中級者や上級者は、CBDワックス

と、イメージしていただけると想像しやすいと思います。

 

CBDワックスまとめ

今回はCBDワックスの使い方やCBDワックスはキマるのか、
CBDワックスとCBDリキッドとの違いについて解説しました。

CBDワックスについて詳しく知ることができました。

そう言ってもらえると幸いです!
CBDワックスが苦手な方は、CBDは含まれていませんがヘンプシード(麻の種)が含まれているリラクゼーションドリンクCHILL OUT(チルアウト)から試してみてはいかがでしょうか?
最後まで読んでいただきありがとうございました。
次の記事もお楽しみに!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事